" />

CB400SFカスタム兄さん

絶対おすすめカスタムの役立ち情報を配信するCB400SFカスタム兄さんです

CB400SF Revo 充電されなくなったので充電不良の症状まとめ

      2016/03/15

354

2016/02/19のできごと、ツーリング中に走行中にバッテリー上がりのような症状が発生。充電してもらったけど再びバッテリー上がりのような症状となり充電不良で充電されていない疑いをもちその場で地元のバイク屋さんに引き取りに来てもらった。

いまは自分のあたまの整理としてここに症状や経緯などをまとめておく。そのうち誰かが困ったときのここに書いてあることがヒントになればいいなとも思っている。

症状

ツーリング中のできごとでした、突然、メーターの針がスピードメーターもタコメーターも0を指してHISSのランプが一定時間でチカチカしている、簡単に言うとキーオフの状態になりました。そのまま5分程度の少しの間は走れました。テールランプやウインカーがちゃんと出ていたのか不安でしたが停まれるところまで無理しました。

1. この時点での疑い

①バッテリー上がり

②メーター周りの配線の接触不良

2. ここでの対応

①押しがけでエンジンを掛けてみた

しかし、かなり不安定で吹かすとエンスト。Revoとは思えないようなボコツキ。何回か試みましたが、バッテリー残量も少なくなり燃料ポンプがきちんと作動しなくなり燃料供給がされなくてエンジンが止まってしまうのではないかと仮説を立てました。

②つぎに近くのクルマ屋さんでバッテリー充電をしてもらいました

まずはそこの近くのバイク屋さんを探して電話をかけてみましたが、陸送費含め1万円近くなると言われたので少し考え、近くにクルマ屋さんがあることがわかったのでお邪魔しました。10分ぐらいバイク押して歩きました。

そこでバッテリーを1時間ほど充電していただいて再び走り出しましたが、走り出して30分ほどでまた同じ症状が出たのでエンジンがかかっていてもバッテリーが充電されていないんだなと確信しました。

2. ふたたび再発

近くにガソリンスタンドに少し置かせてもらって地元のバイク屋さんにきてもらって引取りを依頼しました。

思ったこと

つい最近までバッテリーが死にかけていた状態で乗っていましたので、押しがけでエンジンを始動したりバッテリーあがりだったりバッテリーの不調のときの症状はよくわかっていたので「バッテリーが原因ではない」だろうと思いました。

バッテリーが死にかけていても一度エンジンを始動できればエンジンがかかっているうちは普通に走れるのがわかっていたので「充電がされていないのだろう」と思いました。

バッテリー換えたころはアイドリングでも電圧が14V以上あってすごいなあって思ったのを覚えています。

もうすぐ5万キロの「CB400SF Revo」になるのでいろいろしょうがないのかなあ。

バイク屋さんに入院中

レギュレータ交換ぐらいで治ってくれるといいな。。。

時間がかかるようだったらそのまま車検もお願いするって感じで。


ここから 2016/02/25追記

原因判明

バイク屋さんから「コイル焼け」と伺いました。

たぶんこんなイメージ

CB400SF Revo バッテリー上がり2
(ノザワホンダ船橋店 STAFFブログ)

お金が掛かりそうだ…

中古ではあるけど交換部品の在庫があるとのことで費用と時間を考えて今回はそれでお願いしました。

 

全体修正2016/03/09354

 - ブログ , ,