" />

CB400SFカスタム兄さん

絶対おすすめカスタムの役立ち情報を配信するCB400SFカスタム兄さんです

バイクにiPhone6sPlusをマウントする「ミノウラiH-520」の組み立て

      2015/12/01

iPhone6sPlusをバイクにつけるために、自転車用のスマホマウントホルダーのミノウラのiH-520-STDを購入したのでさっそく組み立ててみました。この製品はiPhone6sPlusに対応しています。

ミノウラのスマホマウントホルダー

ミノウラのスマホマウントホルダー

Amazonで購入

税込3031円でAmazonで購入しました。

Amazonから届いたミノウラのスマホマウントホルダー

Amazonから届いたミノウラのスマホマウントホルダー

たまたま寝付けなくてAmazonを眺めていて夜中の10月21日4時頃にポチってしまいました。そして10月21日夕方届きました。通常配送で24時間かからないこの速さAmazonすごすぎです。

「ミノウラのiH-520-STD」開封

ミノウラのスマホマウントホルダー

ミノウラのスマホマウントホルダー

上から引っ張り出すとこんな感じ。

ミノウラのスマホマウントホルダー開封

ミノウラのスマホマウントホルダー開封

上のタブの部分のシールを切って開きます。

image

image

付属品などについて

取扱説明書がついていて詳しく書かれているのでわかりやすかったです。個人的には、ブログとかで写真を見てやるのが好きなので同じように思っている人がいればいいなと思いながら写真たくさん撮ったので載せていきます。

ミノウラのスマホマウントホルダーの内容

ミノウラのスマホマウントホルダーの内容

簡単に付属品を説明。スマホマウント本体、クランプ、ボルト2種類、六角レンチ2種類、サイドフック(厚みがある端末用の換え)、下側延長アーム(iPhone6sPlusのための換え)、クランプ径を調整する奴がいくつか。

はじめに「iH-520」の主な使い方

自分自身、最初によく取扱説明書をみないでやり始めてしまってわからなかったところ。

ロックの解除とかロックとかどうやるの。

上の部分の赤い「MINOURA」って書いてあるボタンみたいなのでロックとロック解除をします。

これを押し込むとロックされた状態になります。

iH-520のロック

iH-520のロック

この赤いフックを持ち上げると、挟み込んでいるサイドフックが広がります。

iH-520のホールドロック

iH-520のホールドロック

iPhone6sPlusで使うための組み換え

iH-520をiPohne6sPlusへ対応させる

iH-520をiPohne6sPlusへ対応させる

下側のアームを交換していきます。赤いロックがない方が下になります。

こちらの付属の「下側延長アーム」に換えることで上下のぴったり合わせることができます。

iH-520の下側延長アーム

iH-520の下側延長アーム

銀色のネジを緩めると取り外すことができるます。ドライバーは自分で用意する必要があります。

iH-520延長アーム取付

iH-520延長アーム取付

iH-520延長アーム取付

iH-520延長アーム取付

このように受けをセットして、裏から先ほど外したネジを締めて固定します。アームを合わせてみるとぴったりフィットしてくれました。

iH-520延長アーム取付完了

iH-520延長アーム取付完了

iPhone6sPlusの高さに調整

まず上側アームの裏のネジを緩めておきます。

iH-520高さ調整

iH-520高さ調整

iPhoneをセットしてみて高さがぴったりになるようアームを調整したら緩めた上側アームの裏のネジを締めて固定します。

iH-520とiPhone6sPlusのフィッティング

iH-520とiPhone6sPlusのフィッティング

クランプの取り付け

基本的にはこの2つのパーツで取り付けができます。

iH-520の取り付けクランプ

iH-520の取り付けクランプ

こちらの銀のアダプタを使用すると、より遠ざけた位置(メーターと近くなる)へマウントできます。メーターとかぶってメーターが見づらくなったりウインカーのインジケータが見えないなど実際に付け比べてみる必要があります。位置の比較を取り付けの記事で載せる予定です。

iH-520の取り付けクランプ

iH-520の取り付けクランプ

黒いクランプにはボタンボルトが付いていましたがここで使うのは皿ボルトです。間違えてしまうとボルトの頭が出っ張ってしまってiPhoneを傷付けてしまう原因にもなり得ます。

image

ボルトを通して、丸い板を調整して角度が固定できます。

image

クランプをつけて小さい六角レンチでボルトをボルトを締めて固定します。

image

アダプタを使用した例。

image

シールは剥がす

黄色いシールは「必ず剥がしてからお使いください」と書いてあるので剥がしましょう。

image

あとは取り付けるだけです。

iH-520の組み立て完了

iH-520の組み立て完了

あとで「iH-520の取り付け」の記事を書きます。

 - ブログ